世界をふらっと旅しよう

しがないサラリーマンが、訪れた国や地域を気ままに語ります。

21 ヨーロッパ

【ハプスブルク家の歴史】”音楽と芸術の都”ウィーンを散歩しよう!

”音楽と芸術の都”ウィーン。 ハプスブルク家の繁栄と共に発展した、世界有数の文化都市です。 華やかな貴族文化の残り香が漂う歴史ある街並み。 ウィーン歴史地区は、世界遺産に登録されています。 オーストリア(Austria)の首都ウィーン(Vienna)。 いかにも…

【フランス・パリ】モンマルトルの丘を歩こう!~サクレ・クール寺院からムーラン・ルージュまで~

「フランス・パリで一番高い丘、それがモンマルトルの丘です。 標高は130m。セーヌ川右岸パリ18区を構成しています。 芸術家の街として知られ、ピカソやゴッホ、ルノワールなど、多くの歴史的画家たちがこの地にゆかりを持ちます。 また、歓楽街として栄え…

【世界一のギネスが飲みたい!】アイルランド・ダブリンの”ギネス・ストアハウス”へ!

世界一のギネスが飲みたい! ビール大好きの私、特に愛する銘柄の一つが”ギネス(Guiness)”です。 アイルランド・ダブリン発祥のスタウトです。 ほとばしる大麦のロースト感とクリーミーな泡! うまい以外の言葉が見つかりませんね。 そんなギネスを世界一お…

【アイルランドに到着!】早朝のダブリンを散歩しよう!

皆さんごきげんよう。 ロンドンから国境を越え、アイルランド(Ireland)の首都ダブリン(Dublin)へとやって来ました。 3月中旬。時刻は朝の7時。まだまだ冷え込む早朝です。 しかし夜行バスにずっと乗っていたから、身体が動きたがっている! 早速てくてく歩い…

【イギリス・ロンドン】”ウェストミンスター寺院”で英国王室1000年の歴史を感じよう!

歴史と伝統の国・イギリス。 1066年、ウィリアム1世がノルマン朝を開いたことにより、英国王室は始まりました。 そんな英国王室と共に歴史を歩んできたのが、ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)です。 戴冠式などの王室行事が執り行われるほか、歴代…

【フランス・パリ】火災に遭う前、在りし日のノートルダム大聖堂を振り返る

2019年4月15日から16日にかけ、フランス・パリのノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生しました。 ノートルダム大聖堂といえば、世界的にも有名な、人類にとっての歴史的遺産です。 火は10時間以上にわたり燃え続けました。 最悪の事態である全焼こそ免れ…

【バルト海の真珠】世界遺産・ラトビアの首都”リガ”を散歩してみよう!【後半】

この記事は、【前半】 の続きです。(もしよろしければ、ぜひ、前半からご覧ください) ラトビア(Latvia)の首都”リガ(Riga)”、その旧市街地を引き続きお散歩していきましょう。 スポンサーリンク // 市庁舎広場(Town Hall Square)です。奥に聳えるのは、先ほ…

【バルト海の真珠】世界遺産・ラトビアの首都”リガ”を散歩してみよう!【前半】

バルト三国・エストニア(Estonia)に続き、今回はラトビア(Latvia)です。 首都であるリガ(Riga)の旧市街「リガ歴史地区」は、世界遺産に登録されています。 その美しさは、”バルト海の真珠”と讃えられるほど。 "バルト海の真珠"……いったいどんな素敵な街並み…

【600万人が眠る世界最大の地下墓地】”カタコンブ・ド・パリ”ってどんな所?

芸術の街、パリ。 華やかな地上とは打って変わり、パリの地下には、実に600万人が眠る世界最大の墓地が広がっています。 その名も「カタコンブ・ド・パリ(Catacombes de Paris)」。 カタコンブ(カタコンベ)とは、地下の墓地のことであり、最初から死者の埋…

【フランス】パリの街を歩こう!~エッフェル塔からエトワール凱旋門まで~

オー・シャンゼリゼ~ というわけで、今回は、パリの街を散歩します。 エッフェル塔(La tour Eiffel)からエトワール凱旋門(Arc de triomphe de l'Étoile)を目指します。 有名な観光地をはしごしちゃおうというわけです。 それでは早速、参りましょう。レッツ…

【エストニア】世界遺産”タリンの旧市街”を雪の中散歩してみた。【後半】

この記事は、【前半】の続きです。(もしよろしければ、ぜひ、前半からご覧ください) エストニア(Estonia)の首都”タリン(Tallinn)”、その旧市街地を引き続きお散歩していきましょう。 再び城壁です。街中に城壁のある生活ってどんな感じなんでしょうね。 自…

【エストニア】世界遺産”タリンの旧市街”を雪の中散歩してみた。【前半】

今回は、バルト三国の一つ、エストニア(Estonia)の首都”タリン(Tallinn)”を訪れました。 時系列的には、スウェーデン(Sweden)からバルト海を渡るという記事の後です。 タリンは、バルト海のフィンランド湾に面した、東京23区の4分の1ほどの広さの都市です。 …

【ストックホルム⇒タリン】バルト海をフェリーで渡る!スウェーデンからエストニアへ!

スウェーデンからバルト海を越え、エストニアを目指しましょう。 北欧からバルト三国へ。移動手段はフェリー。 ストックホルム~タリン間を移動します。それぞれ首都です。 地図で見るとこんな感じ。 途中、オーランド諸島(マリエハムン港)を経由します。 …

【北欧の小さな町】スウェーデンのウプサラを夕暮れ時に散歩。

スウェーデンの首都ストックホルムより北に70kmほど進んだところに、ウプサラという町があります。 ↓このへんです。 人口およそ15万人。スウェーデン第4の都市です。 北欧最古の大学であるウプサラ大学(1477年創設)があり、学園都市でもあります。 今回ご…

【世界で最も美しい広場】ベルギーの”グラン・プラス”に感動!

広場。 ヨーロッパにおいて、広場の存在はたいへん重要なものでした。 政治や経済の中心であり、市民にとっての憩いの場でありました。 世界で最も美しいと言われる広場、それが”グラン・プラス”です! 言うなれば、世界中のすべての広場のマザー的存在! 場…