世界をふらっと旅しよう

27歳のサラリーマンが、訪れた国や地域を気ままに語ります。

【誰もいない世界】早朝の鳥取砂丘を散歩しよう!

スポンサーリンク

日本最大の砂場に行きましょう!

そうです、鳥取砂丘です!

ちなみに鳥取砂丘は砂漠ではありません。砂丘です。川から日本海に流れ出た砂が、海から吹き付ける風によって内陸へと運ばれ形成されました。

 

観光地として有名な鳥取砂丘ですが、せっかくなので誰もいないタイミングで訪れたいものです。

そういうわけで、今回は訪問する時間帯に早朝をチョイス。

スポンサーリンク  

 

f:id:lulululalala:20180919223614j:plain

鳥取砂丘とご対面!

時刻は朝5時半。朝焼けで辺り一面オレンジ色に染まっています。

眠い目をこすりながら歩いていきましょう。

 

f:id:lulululalala:20180919223612j:plain

それにしてもすごい空。

絵画のようだ。

 

f:id:lulululalala:20180919223607j:plain

誰もおりません!

風の音、そして砂を踏みしめる音しか、この世界にはありません。 ビュウビュウ、ザクザク。

 

f:id:lulululalala:20180919223737j:plain

辺り一面 、ひたすら砂。砂しかありません。

ここは本当に日本でしょうか。遠い異国の地へ迷い込んでしまったかのようです。

 

f:id:lulululalala:20180919223734j:plain

風紋が表れているのが分かります。

風が作り上げる砂の模様です。これが見られるのは、足跡にかき消される前の早朝だけです。

 

f:id:lulululalala:20180919223739j:plain

それにしても、動物の足跡がけっこうあります。

ネットで調べると、熊も出たことがあるそうです。

砂丘で熊に遭遇。シュールすぎやしませんかね。

 

f:id:lulululalala:20180919223605j:plain

あの丘を越えていきましょう。

砂しかないのでスケール感がよく分かりませんが、なんと50メートル近い高さがあるようです。

”馬の背”という名前が付いているようです。由来は、見た目?

 

f:id:lulululalala:20180919223610j:plain
f:id:lulululalala:20180919223744j:plain
f:id:lulululalala:20180919223742j:plain
f:id:lulululalala:20180919223607j:plain

四方八方が砂です。

人生でこんなにも砂に囲まれたことってない気がしますよ。 

 

f:id:lulululalala:20180919223834j:plain

馬の背に登ります。

待っていたのは海でした。日本海です。

 

f:id:lulululalala:20180919223832j:plain

眼下はどこまでも海。砂丘の頂で、風に吹かれながら、一人、立っています。

こんなん悦に浸りますやん!!

 

f:id:lulululalala:20180919223825j:plain

海からの風が砂を運び、このような砂丘を形成しました。悠久の時を感じます。

こんなとき、詩人なら気の利いた科白を地面に残したりするのでしょう。

ぼくは詩的才能ゼロなので、ただただ立ち尽くすことしかできません。南無。

 

f:id:lulululalala:20180919223827j:plain

陸側はこのよう。

ここをずっと歩いていきました。相変わらず距離感がよく分からないですね。

 

f:id:lulululalala:20180919223902j:plain

奥が馬の背。手前がオアシスです。

そうです、鳥取砂丘にも水があるのです。いつ遭難しても安心です。

 

f:id:lulululalala:20180919223859j:plain

十分に堪能しました。遭難しないうちに帰りましょう。

誰もいない砂丘を背に。

風と共に去りぬ

 

さて、

いきなり悲報ですが、早朝に訪れる場合、公共交通機関はありません!

私は前日の深夜のうちに車で訪れ、駐車場で車中泊しました。

車で早朝の訪問を狙うなら、鳥取砂丘パークサービスセンター内の市営の鳥取砂丘駐車場がおすすめです。駐車場脇の階段を上がると眼下はもう砂丘です。

深夜や早朝などは誰でも自由に停められる状態になっています。※日中帯は有料なのでご注意を。

 

ちなみに、夜間、設備はトイレと自販機のみ。コンビニ等はありません。

また、砂丘でのキャンプ的なことは禁止されています。

 

日本とは思えない光景が鳥取砂丘には広がっています。

早朝ではなくとも、皆さんぜひ訪れてみてください。

砂丘だけでなく、砂の美術館なんて素敵な観光施設もございます。

また、砂丘から車で20分ほどのところには、浦富海岸というなかなかきれいな景勝地があります。こちらもおすすめなのでぜひ!

すごい! 鳥取市 100 SUGO! BOOK(鳥取市公式フォトガイドブック) (玄光社MOOK)

スポンサーリンク