世界をふらっと旅しよう

27歳のサラリーマンが、訪れた国や地域を気ままに語ります。

【ストックホルム⇒タリン】バルト海をフェリーで渡る!スウェーデンからエストニアへ!

スポンサーリンク

スウェーデンからバルト海を越え、エストニアを目指しましょう。

北欧からバルト三国へ。移動手段はフェリー。

ストックホルム~タリン間を移動します。それぞれ首都です。

 

f:id:lulululalala:20181204220537p:plain

地図で見るとこんな感じ。

途中、オーランド諸島(マリエハムン港)を経由します。

Tallink Siljaという船会社のフェリーに乗っていきます。

スポンサーリンク  

f:id:lulululalala:20181204204613j:plain

旅の出発地、ストックホルムです。

落ち着いた雰囲気の漂う北欧を代表する都市です。街並みが本当にきれい。

 

f:id:lulululalala:20181126214059j:plain

さて、ターミナルにやって来ました。 Värtahamnen(ヴァルタハムネン)ターミナルです。

季節は1月下旬の真冬。雪がちらついています。

夕方に出発して、タリンには翌朝に到着します。夜のバルト海を渡ってゆくのです!

 

【参考:2018年6月25日~11月6日の時刻表】

ストックホルム(17:30発)⇒マリエハムン寄港(0:50着|1:00発)⇒タリン(10:15着)

※11月7日~12月31日はタリンに10:45着

 

地図はこちらです。

地下鉄の駅Gärdet metro stationから徒歩およそ10分。

ストックホルム中央駅そばのCityterminalenというバスターミナルから直通のバスも出ています(Värtahamnen行)。

ターミナルの詳しい案内はこちらをご覧ください。

 

f:id:lulululalala:20181126214054j:plain
f:id:lulululalala:20181126214048j:plain

ターミナルの出発前ロビー的なところです。

ムーミンのキャラクターたちが描かれています。

チェックインは出発予定時刻の30分前まで。

チェックインカウンターもしくは機械でのセルフチェックインが利用できます。

 

f:id:lulululalala:20181126214043j:plain

スウェーデンエストニア間には、バルティック・クイーン号ヴィクトリアⅠ号の2種類の船があります。

今回は、ヴィクトリアⅠ号でタリンを目指します。写真のフェリーがそうです。立派!

 

f:id:lulululalala:20181126214038j:plain

部屋はこんな感じ。Bクラスの窓なしタイプのキャビンです。

(Bクラスはもっとも安い部屋です。料金は日本円で一万円台から。)

1~4人部屋です。(知らないスウェーデン人の兄ちゃんと一緒でした。)

部屋のランクはさまざまで、バルト海の絶景を臨むスイート等、もっと豪華なお部屋も勿論あります。

 

f:id:lulululalala:20181126214311j:plain
f:id:lulululalala:20181126214308j:plain

船内設備は充実しています。免税店やブティックではショッピングが楽しめるほか、ナイトクラブやディスコなどの娯楽空間もあります。

もちろん、レストランやパブ、バーなどの飲食店も完備! なんとサウナまであります。

はっきり言って、住めます。

左の写真は、隅っこにあったこじんまりとしたゲームコーナー。

 

f:id:lulululalala:20181126214305j:plain

出航前に甲板に出てみました。日は既に沈んでいました。

風が吹き抜け、めちゃくちゃ寒いです。

 

f:id:lulululalala:20181126214258j:plain

別のフェリーが停泊していました。同じ会社のフェリーです。 

 

やがてヴィクトリアⅠ号は出航の時刻となり、静かに夜のバルト海へと繰り出していきました。

知らないスウェーデン人の兄ちゃんとの交流もそこそこに、前日諸事情でほとんど寝ていなかったぼくは、翌朝タリンに着くまで、Bデッキの決して広くはないベッドで爆睡したのでした。

 ~

 

f:id:lulululalala:20181126214334j:plain

おはようございます。写真は朝ごはんに食べたトルティーヤ(とコーヒー)。

これで63SEK(スウェーデン・クローナ)※日本円でおよそ800円(スウェーデンは物価が高いのです)。

 

f:id:lulululalala:20181126214331j:plain

無事にタリンに到着しました。ストックホルム同様に雪降りでした。

およそ17時間の、たいへん優雅な船旅でした。また乗りたいですね!

 

ちなみに着いたのはタリン Dターミナルです。地図を貼っておきます。

フェリーターミナルからタリンの旧市街地までは徒歩およそ20分。近いです!

 

f:id:lulululalala:20181204204609j:plain

せっかくなのでタリンの旧市街地の写真を一枚。歴史のあるとっても素敵な町です。

 

Tallink Siljaのページ(日本語)はこちら

なお、ストックホルムからはヘルシンキフィンランド)やリガ(ラトビア)等さまざまな都市へフェリーが就航しています。

すべてシェンゲン協定に加盟している国(2018年現在)なので、煩雑な出入国手続きはなく、楽なもんです。

フェリーの予約は、こちら(Direct Ferriesのサイト)からできます(日本語可)。

皆さんも、北欧周辺をめぐる際は、あえてフェリーでバルト海に繰り出してみてはいかがでしょうか?

 

船の旅 1泊1万円台で楽しめる快適、ちょっと贅沢な船旅

スポンサーリンク