世界をふらっと旅しよう

27歳のサラリーマンが、訪れた国や地域を気ままに語ります。

【宮崎の奇景】”鬼の洗濯板”と呼ばれる不思議な地形!

スポンサーリンク

”鬼の洗濯板”

そう呼ばれる奇妙な景色が、宮崎にあるそうです。

 

……鬼の洗濯板!!

なんというネーミングでしょう。

いったいどんなものなのか。

というか、鬼もきちんと洗濯をするのですね!

 

f:id:lulululalala:20181030224155j:plain

南国感のあふれる海岸線を走ります。

ここは日南海岸。ドライブに最適な日南フェニックスロードが続きます。

 

f:id:lulululalala:20181030223952j:plain

視界が開け、このような景色が飛び込んできました。

なんだか不思議な地形が海岸に広がっていますね。

そうです、ここが鬼の洗濯板と呼ばれる宮崎の奇景です!

スポンサーリンク  

地図を貼りましょう。

宮崎市内から車で南方におよそ40分です。海沿いを走っていると着きます。

 

f:id:lulululalala:20181030224050j:plain

こちらは道の駅フェニックス

展望台があり、宮崎の海を一望することができます。

 

f:id:lulululalala:20181030223944j:plain
f:id:lulululalala:20181030224047j:plain

さて、海岸まで歩いていきましょう。

洗濯板を近くで見物です。

 

f:id:lulululalala:20181030223937j:plain

数百万年前の地層が傾きながら隆起し、波の浸食によって柔らかい部分だけが削り取られ、このような奇妙な地形になりました。

正式名称「青島の隆起海床と奇形波蝕痕」として、国の天然記念物に登録されています。

 

f:id:lulululalala:20181030224055j:plain

ギザギザの波状岩がどこまでも続きます。

なるほど、これは確かに洗濯板としても活用できそうですねぇ、鬼なら。

 

f:id:lulululalala:20181030224053j:plain
f:id:lulululalala:20181030224058j:plain

近くで見るとこんな感じです。

凹凸感が際立っています。

 

f:id:lulululalala:20181030224152j:plain

ちなみに、このような地形は、地学用語で”波食棚”と呼ばれるようです。

 

f:id:lulululalala:20181030223948j:plain

この不思議な地形はおよそ8kmほど続いています。

なお、満潮時には海面下に隠れてしまいますので、訪れるタイミングにはご注意ください。

 

f:id:lulululalala:20181030224159j:plain
f:id:lulululalala:20181030224203j:plain

さて、写真右手は青島です。

青島でも洗濯板が見られます。

今回は時間の都合で訪問をパスしてしまいましたので、詳しい写真はなしです!アーメン!

 

公共交通機関で訪れる場合

青島とその洗濯板・・・JR青島駅より徒歩約15分

堀切峠~道の駅フェニックス間の洗濯板・・・バス停「堀切峠」あるいは「道の駅フェニックス」を降りてすぐ

皆さんも宮崎観光の一つにぜひ鬼の洗濯板を組み込んでみてください!

 

土佐龍 tosaryu サクラの洗濯板 L SS-1002

スポンサーリンク