世界をふらっと旅しよう

27歳のサラリーマンが、訪れた国や地域を気ままに語ります。

【北海道:在りし日の廃止ローカル線】増毛(ましけ)の町を散歩しよう!

スポンサーリンク

2016年12月5日、JR北海道留萌駅増毛駅間が廃止されました。

廃止されたのは、留萌(るもい)駅から伸びる約16.7kmの区間です。

その終着は増毛(ましけ)駅

今回は、廃止の数か月前に、増毛駅と増毛の町を訪れたときの様子をご紹介します。

 

f:id:lulululalala:20181017221611j:plain

札幌駅から留萌駅まで、電車を乗り継ぎ、約3~4時間。

留萌駅からさらにトコトコと30分、増毛駅へと到着です。

 

先に地図を貼っておきます。

 

f:id:lulululalala:20181017221609j:plain

増毛駅です。決して”ぞうもう”ではありません”ましけ”と呼びます

留萌本線の終着駅です。1921年に開業しました。

 

f:id:lulululalala:20181017222352j:plain

駅舎はこんな感じです。

 

f:id:lulululalala:20181017221954j:plain
f:id:lulululalala:20181017222322j:plain

駅の周りには、歴史を感じさせる建物たち。

左は富田屋という風情ある旅館。1933年の木造3階建てです。現在は営業しておらず。

右は観光案内所。映画「駅 STATION」のロケ地の名残で、看板は風待(かぜまち)食堂となっています。こちらも1933年の建築。

 

f:id:lulululalala:20181017221952j:plain

旧増毛小学校を探訪します。なんと、現存する北海道最古の木造校舎です。1936年に建てられました。

 

f:id:lulululalala:20181017221950j:plain

この校舎、実はつい最近の2012年まで実際に使われていました。驚き!

ちなみに、外からの見学はいつでも誰でもできます。

内部は通常は見られませんが、イベント時には公開されることもあるようです。

 

f:id:lulululalala:20181017221948j:plain
f:id:lulululalala:20181017221946j:plain

スローガンが掲げられています。

なんだかジーンと来きますね。

”お母さん お父さん 大大大大 大すきだ”

 

goo.gl

 

f:id:lulululalala:20181017222028j:plain

海へと続く道です。

ひと夏の青春感がすごい。海まで駆けたい。

 

f:id:lulululalala:20181017222128j:plain

國稀酒造(くにまれしゅぞう)は、日本最北の酒蔵です。

一般に公開されており、見学することができます。

 

f:id:lulululalala:20181017222026j:plain

f:id:lulululalala:20181017222019j:plain
f:id:lulululalala:20181017222132j:plain
f:id:lulululalala:20181017222023j:plain
f:id:lulululalala:20181017222021j:plain

施設の見学と試飲ができます。最高ですね。

 

goo.gl

 

f:id:lulululalala:20181017222124j:plain

さて、ここいらで腹ごしらえです。

國稀酒造の向かいにある田中商店というラーメン屋で、酒蔵ラーメンをいただきます。味噌、塩、醤油、各750円。写真は味噌。

 

f:id:lulululalala:20181017222120j:plain

重要文化財旧商家丸一本間家です。

本間家は、ニシン漁や海運業、酒造業など、多岐にわたる事業を展開し、財を築き上げました。

この建物は明治時代に建てられたそうです。

 

f:id:lulululalala:20181017222205j:plain
f:id:lulululalala:20181017222116j:plain
f:id:lulululalala:20181017222208j:plain
f:id:lulululalala:20181017222212j:plain
f:id:lulululalala:20181017222214j:plain
f:id:lulululalala:20181017222324j:plain
f:id:lulululalala:20181017222329j:plain
f:id:lulululalala:20181017222327j:plain

明治~昭和初期にかけ、増毛ではニシン漁がたいへん栄えていました。

アメリカのゴールドラッシュさながら、多くの人たちがニシン漁での一獲千金を夢見て増毛を訪れました。

残念ながら、1950年代以降はほとんど獲れなくなってしまったようですが、今も残る当時の立派な建築物の数々が、当時の繁栄を物語ります

 

goo.gl

 

f:id:lulululalala:20181017221613j:plain

さて、帰りましょう。

さようなら、在りし日の増毛駅。また来ます。

 

いかがでしたでしょうか。皆さんも、ぜひ歴史のある増毛の町を散歩してみてみださい。

なお、繰り返しにはなりますが、現在は電車では訪れることはできません。

札幌からのアクセスは、車か、あるいは公共交通機関の場合は、札幌からバス、もしくは留萌まで電車で行ったのちバスです。

増毛町役場のホームページをご覧ください。

ちなみに現在、増毛駅は観光用にリニューアルされており、どなたでも見学が可能です。