世界をふらっと旅しよう

27歳のサラリーマンが、訪れた国や地域を気ままに語ります。

【香港~深圳~南寧~ハノイ】香港からハノイまで陸路で移動!

スポンサーリンク

皆さんごきげんよう

香港からハノイまで陸路で行ってみようと思いました。

 

飛行機を使えば2時間ほどで着いてしまうのですが、あえて陸路でハノイを目指します。

スポンサーリンク  

香港 ⇒ 深圳(深セン

早速、香港を脱出しましょう。まず目指すは深圳(深セン

MTR(地下鉄)を使って行くことができます。

市内の適当な駅から東鉄線(水色の線)に乗り、羅湖駅(らこうえき)を目指します。

 

なお、東鉄線には、落馬洲(らくばしゅう)行きの支線もありますのでご注意を。

(実際は、落馬洲からでも入国できるのですが、深セン駅に出たかったので、今回は羅湖をチョイス。)

 

f:id:lulululalala:20171015181304j:plain

羅湖駅に着いたら、香港の出国&中国への入国を済ませます。

(香港は中国の一部とはいえ、行き来にはパスポートの提示が必要です。)

 

f:id:lulululalala:20171015181300j:plain
f:id:lulululalala:20171015181256j:plain

人の流れ&看板に沿って歩いていけば、迷うことはありません。

 

f:id:lulululalala:20171015183114j:plain

羅湖駅の目の前は、深セン駅です。でかい!

この無駄な巨大さ。ザ・中国という感じですね。

 

f:id:lulululalala:20171015183102j:plain
f:id:lulululalala:20171015183118j:plain

高層ビルがにょきにょき生えています。経済発展を続ける中国のエネルギーを感じます。

  

f:id:lulululalala:20171015235603j:plain
f:id:lulululalala:20171015235559j:plain

ちなみに、こちらは深セン駅前のシャングリ・ラ ホテル一階の喫茶スペースです。

Wi-fiをつなげる場所はどこかないかと探し歩いた結果、辿り着きました。

なんでもいいから購入すれば使ってもよいと言われたので、一番安いチョコを適当に購入。

お姉さんにめちゃくちゃ笑われましたが、Wi-fiは無事使えました。

皆さんも深センWi-fiの接続場所に困ったら、こちらへどうぞ。⇒ シャングリ・ラ ホテル

 

深セン ⇒ 南寧(なんねい)

さて、深センの次は、南寧(なんねい)という都市を目指します。

広西チワン族自治区の首府である南寧は、深センから700kmほど離れています。名古屋~仙台間くらいですね。

 

f:id:lulululalala:20171015183110j:plain
f:id:lulululalala:20171015181251j:plain

深セン駅の建物の一階に旅行代理店があります。南寧行きを早速購入。(南寧は、簡体字だと南宁です。)

 

f:id:lulululalala:20171015195514j:plain

190元でした。(当時の日本円で3,500円ほど)

(印字がずれていますが、票价と書かれたところが運賃です。)

文錦渡バスターミナルから南寧駅まで。

出発時刻は明日の19:00。今夜は深センに一泊します。

深圳潮海酒店というホテルに泊まったのですが、廊下で男と女が真夜中にずっと口論をしていて、めちゃくちゃうるさかったです。)

 

~~翌日~~

さて、時刻は18:30。バスの出発まで30分ほどです。

どこから乗ったらよいのかよく分からなかったので、チケットを購入した旅行代理店の前に行ってみると、「おそい!もうバス出ちゃうよ」的な感じで怒られました。

駅前にはやく行け!と言われたので、急いで駅前のバス乗り場っぽいほうへ向かうと、やって来たのはめっちゃ小さいマイクロバス。

f:id:lulululalala:20171015200322j:plain

これで南寧まで?と一瞬思いましたが、そんなわけありませんよね。

 

10分ほど走ると、バスターミナルに到着しました。

(文錦渡バスターミナルです。)

f:id:lulululalala:20171015200328j:plain

定刻19:00にバスは出発。意外にもしっかりと時間通りでした。

 

f:id:lulululalala:20171015200525j:plain

バスの車内はこんな感じ。思ったよりもきれいです。

 

1時間ほど走ると、トイレ休憩がありました。その後はノンストップ。(とはいえ、車内にも一応トイレはあります。ぼくは結局一回も使いませんでしたが。)

夜行バスなので、基本的に常に消灯しています。

ぼくは寝ようと狭いスペースで目を瞑るのですが・・・

運転手と添乗員的な人が大声でずっと喋っていて、めちゃくちゃうるさいのです。

おまけにバスがめちゃくちゃ揺れる!!

舗装されていない道ばかりを通っているのか、上下に跳ねまくり。

以上の要因から、まったく寝られませんでした。

 

f:id:lulululalala:20171015200517j:plain

さて、こちらは車内においてあったスーパーパチモン。ADE IN LTAIYって何やねん。

MADEでもないしITALYでもないのかよ。

ほっこりしました。

 

南寧市内を移動

バスの運転手に、南寧に着いたぞ、と起こされました。

眠たい目をこすりながら下車。しかしここはどこ??

思えば、どこで降りるかよく分かっていなかったです。

ここは本当に南寧なのでしょうか?

f:id:lulululalala:20171015200513j:plain

時刻は9:00。およそ15時間くらい乗っていた計算です。

久しぶりの外の空気が身に沁みます。朝だ。。

 

f:id:lulululalala:20171015200509j:plain
f:id:lulululalala:20171015200504j:plain

さて、この場所ですが、安吉客运站(安吉バスターミナル)というところらしいです。

写真には写っていませんが、マシンガンを所持した公安がわらわらいました。恐ろしすぎ。

 

場所的にはここ。

f:id:lulululalala:20171015203924j:plain

中国の内地という感じがします。すげー埃っぽいです。そして何もない。

とりあえず、市街地へ向かいたい。

 

f:id:lulululalala:20171015203920j:plain
f:id:lulululalala:20171015203915j:plain

バス乗り場がありました。41番のバスで、火車駅(鉄道の駅)に向かいます。

運賃は2元(およそ36円)。安い。

ちなみにこのとき、ぼくはバス酔いで完全にダウン。路線バスに乗るのは勘弁だったのですが、仕方ありません。

 

ぼこぼこの道路を走ることおよそ45分、路線バスはようやく南寧駅へと到着しました。

f:id:lulululalala:20171015205348j:plain
f:id:lulululalala:20171015205247j:plain

南寧駅前の様子です。人々が行き交っています。

 

さて、ここからのルートですが、次はいよいよハノイを目指します。

バスではなく、鉄道を使います。国際列車でベトナム入国です。

 

f:id:lulululalala:20171015205312j:plain

南寧駅のチケット売り場は大混雑です。建物の中ではさらに長い行列ができています。

ちなみにこのとき、ぼくのバス酔いはまったく治っていません。今にも吐きそうです。

具合の悪さに耐えながら、列に並びます。

なんとか売り場までたどり着くも、ここで悲報が。

なんと鉄道のチケットはすべて売り切れ。当日の分も、明日の分もです。。

バスを使え、と言われました。

正直中国国内でバスに乗るのはもう勘弁だったのですが、仕方がありません。

・・・ん? でもバスのチケットはどこで買えばいいのでしょうか??

 

f:id:lulululalala:20171015205335j:plain
f:id:lulululalala:20171017201634j:plain

駅の前に座り込む人たち。みんな列車待ち?

 

とにかくバスのチケットを手に入れなければなりません。

あてもないまま、南寧駅周辺を歩き回ります。

するとラッキーなことに、駅前の道を少しあるいたところに、旅行代理店を発見!

ハノイ(河内)行きのバスのチケットを難なくゲット。 ※ハノイは漢字で河内。

出発は明日。

この日は南寧に一泊です。

(駅前の城市便捷酒店というホテルに宿泊しました。1,500円となかなか安く、おまけに朝食付きでした。スタッフも親切でした。)

※とにかく気分がめちゃくちゃ悪く、写真を撮っている余裕がありませんでした。このくだりは文章だけで勘弁してください。

 

南寧 ⇒ ハノイ

一晩寝て、バス酔いもすっかり回復しました。

ハノイを目指しましょう。

南寧駅から徒歩10分ほどの、”南宁国际旅游集散中心”というところからバスに乗ります。

(実はチケットもここで買えます。昨日はこの乗り場の存在を知らなかったため、よく分からない代理店で購入してしまいましたが。皆さんが南寧へ来られた際は、チケットはぜひここで購入してください。)

 

f:id:lulululalala:20171015215006j:plain

待合室の様子。朝8時すぎの出発です。

バスの運賃ですが、たしか150元くらいだったと思います。

(記憶があいまいです。)

 

f:id:lulululalala:20171015215001j:plain

りんごとパンが配られました。

ちなみに深セン~南寧間とは違って、ちゃんと舗装された道を通っているようで、今回はバス酔いすることはありませんでした。

 

f:id:lulululalala:20171015214522j:plain

トイレ休憩にて、はちゃめちゃに壊れたトレーラーを発見。こわすぎる。

海外で交通事故に巻き込まれるのはごめんです。

 

f:id:lulululalala:20171015214526j:plain

通貨の両替(中国元 → ベトナムドン)が行われていました。

ちなみにぼくは手元に中国元の紙幣がなく、受け付けてもらえませんでした。コインだけではダメみたいです。

 

さて、出発から4時間、そのうちに国境に到着です。

 

f:id:lulululalala:20171017201630j:plain

ちなみに、乗客はバスの車内で予めいっせいにパスポートを回収されます。

出入国のスタンプを押すことに関して、ここでは、そういうやり方のようです。

いささか不安でしたが、仕方ありません。

 

まずは中国の出国を済ませます。

 

f:id:lulululalala:20171017201623j:plain

特に問題なく通過。振り返ると中国が。

グッバイ!

 

f:id:lulululalala:20171017201617j:plain

次はベトナムへの入国です。

カート的なものに乗って移動します。

 

f:id:lulululalala:20171015214517j:plain

3分もすると、こんな感じの建物に到着です。

 

入国に関しても特に問題なし。

晴れてベトナムの大地に降り立ちました。

 

f:id:lulululalala:20171015214513j:plain
f:id:lulululalala:20171015214509j:plain

といっても景色に変わりはありません。カート的なもので再び移動。

道はまったく舗装されていません。砂埃がすごいです。

行き交うトラック、スピード出しすぎでござる。

 

f:id:lulululalala:20171015214958j:plain

カートを降り、反対側からやって来た別のバスに乗り換えます。

(ぼくたちが乗って来たバスには、ベトナム側からやって来た人たちが乗り込んだと思われます。国境で乗客を互いに入れ替える感じですね。)

ちなみにベトナム側のほうが運転は荒かったです。片側一車線のでこぼこ道を飛ばすわ飛ばすわ。

少しでも隙があろうものなら、前の車を横から抜かしていきます。対向車とぶつかるんじゃないかとヒヤヒヤ。

 

f:id:lulululalala:20171017203205j:plain
f:id:lulululalala:20171017203200j:plain

さて、国境越えからおよそ2時間後、30分ほどの食事休憩がありました。

しかしベトナムドンを持っていないぼくは、水一本すら買うことができません。

この悲しみを、ぼくは同じ状況のドイツ人女性バックパッカーと分かち合いました。

休憩なんていらないわよ、早くハノイへ行ってちょうだいよ、と彼女はぼやいていました。

 

そしてさらに2時間後、やっとハノイに到着です。

と思いきや、、

なんだかよく分からない場所で降ろされました。ここはどこ・・・?

 

f:id:lulululalala:20171017203156j:plain

まったく分かりません。やれやれです。

(タクシーでハノイの中心街まで移動しました。)

 

ちなみにあとから調べてみると、降ろされた場所はこのへんでした。

こうしてぼくは無事にハノイへと辿り着いたのでした。めでたし!

皆さんも、時間とお金と体力を犠牲にして、陸路移動などしてみてはいかがでしょうか。

※ちなみに、これらは2015年1月当時の情報です。

 

Purefly ネックピロー U型 手動プレス式膨らませる 旅行用 飛行機 バス 自宅 オフィス 収納ポーチ付

スポンサーリンク