世界をふらっと旅しよう

しがないサラリーマンが、訪れた国や地域を気ままに語ります。

【アジア大陸最南端へ!】シンガポールのセントーサ島をめぐる!

スポンサーリンク

アジア大陸最南端!

ってどこにあると思いますか?

実はシンガポールにあるのです! 

その名も”Southernmost Point of Continental Asia”

そのまんまですね。果たして、いったいどんな風になっているのでしょうか?

というわけで、レッツGo!シンガポール

 

f:id:lulululalala:20181227012602j:plain

シンガポールの南にあるセントーサ島にやって来ました。

遊園地や水族館、ビーチなどが広がる観光島です。

 

goo.gl

f:id:lulululalala:20181227012558j:plain

シンガポール本島から歩いて行くことができます。

動く歩道に乗って進んでいきましょう。

 

f:id:lulululalala:20181227012600j:plain

開放感のある空間が広がっています。

実はセントーサ島に渡るには、入島料が必要です。

入島料は、時間帯や曜日のほか、交通手段によっても変わります。

一番安く済む手段は徒歩で、通常は一人1S$(およそ80円)です(現在、2020年12月31日までは期間限定で?タダとなっているようです。理由は不明)

詳しい料金表はこちら

 

f:id:lulululalala:20181227012553j:plain

USS(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール)の地球です。

2011年にオープンしました。興味はなくはないですが、今回はパス!

 

f:id:lulululalala:20181227012800j:plain

”いかにも”な撮影スポットがありました。

背後にマーライオンがそびえ立っています。

シンガポールには計7体のマーライオンがありますが、その中でも一番巨大です。

 

f:id:lulululalala:20181227012753j:plain
f:id:lulululalala:20181227012755j:plain

マーライオンについて、日本語の説明書きがありました。

クリックで拡大できるので、興味のある方は読んでみてください。

たまに間違っている日本語がかわいいです。

要約すると「マーライオンは昔からシンガポールを見守り続けてくれた存在であり、また、現代のシンガポールの象徴である」です。

 

f:id:lulululalala:20181227013105j:plain
f:id:lulululalala:20181227013102j:plain

このマーライオンタワーの料金は大人12S$(およそ1,000円弱)です。

記念品がもらえたりと、色々もりだくさんです。

 

f:id:lulululalala:20181227013059j:plain

マーライオンの頂上です。37メートルの高さから、セントーサ島を一望できます。

goo.gl

f:id:lulululalala:20181227014944j:plain

大道芸人がショーをやっていました。

言葉が分からなくても、誰しもが楽しめる感じのやつでした。

そんなショーをちらっと見つつ、「アジア大陸最南端」を目指します。

 

f:id:lulululalala:20181227014951j:plain

セントーサ島の南側には、南国感溢れるビーチが広がっています。

 

f:id:lulululalala:20181227013056j:plain

f:id:lulululalala:20181227013054j:plain

パラワンビーチです。

セントーサ島には3つのビーチがありますが、そのうちの一つです。

goo.gl

 

f:id:lulululalala:20181227014953j:plain

ひとまずビーチはおあずけにして、この”いかにもな”吊り橋を渡ってゆきます。

この先に、「アジア大陸最南端」があります。

 

f:id:lulululalala:20181227013215j:plain

これまた南国感溢れる展望台的施設です。

 

f:id:lulululalala:20181227013222j:plain

振り返ると、渡ってきた吊り橋がありました。

 

そして、いよいよ目指すポイントへ……!

 

f:id:lulululalala:20181227013224j:plain

でたー!ついに辿り着きました!!

ここが、アジア大陸最南端の地”Southernmost Point of Continental Asia”です!

 

f:id:lulululalala:20181227013217j:plain

ただ、何もありません!

最果て感も何もなく、案内が立っているだけ!

以上!

 

f:id:lulululalala:20181227013219j:plain

目の前にはシンガポール海峡が広がります。そして、その先にはインドネシアが。

眺めは良い。

船が行き交っているのが見えます。

 

というか、地図を見ると分かるのですが、ここって実は最南端ではありません。

もっと南の場所がたくさんあります。

さらに言うなら、シンガポール自体が島なので、”アジア大陸の最南端”は、マレーシアのジョホールではないかと思ったり思わなかったり。

まぁ、その辺りを追及するのは野暮ってもんですな。

うーん、やっぱりぜんぜん最南端じゃないね。

 

おまけ

f:id:lulululalala:20181227015039j:plain

ナイトサファリを少しだけご紹介。

営業時間は、19時15分~24時00分。夜だけ営業しているサファリパークです。

入園料は47シンガポールドル(およそ3,800円)。

シンガポールで行きたかった場所の一つです。

 

f:id:lulululalala:20181227015102j:plain
f:id:lulululalala:20181227015036j:plain

左:ゼブラ模様のフードコート的なところ。

右:炎を使ったパフォーマンス。

フラッシュでの動物の写真撮影は禁止です。真っ暗での撮影は難しく、途中から撮るのを止めました。

そういう理由から、動物の紹介はなしです!すみません!

 

f:id:lulululalala:20181227015032j:plain
f:id:lulululalala:20181227015107j:plain

ばかでかい蛇を首に巻く的なパフォーマンス。

指名されたら、観客もステージに上がります。

私は、指名されませんように、指名されませんように、と祈っておりました(通じました)。

楽しいショーでした。

 

【アクセス】

MRTと路線バスを乗り継いで行くのが一般的です。

街中からの直通のバスもあります(片道7S$(およそ560円)、往復12S$(およそ960円))。

私は面倒だったのでタクシーを使いました(シンガポールは、実はタクシーけっこう安いです。初乗り3S$~5S$(240円~400円)、1kmごとにおよそ50円。深夜帯は若干割増しになりますが、それでも複数人の場合は、一人当たりの金額はなかなか安くなります)。

行き方の詳細はこちら

goo.gl

昼間なら、シンガポール動物園へどうぞ(ナイトサファリとは別施設です)。

 

以上、アジア大陸の最南端をご紹介しました。

最南端自体はあっけなかった感じがしますが、セントーサ島自体は見所盛りだくさんなので、シンガポール旅行の際は、ぜひ訪れてみてください!

【あわせてこちらもどうぞ! シンガポールの記事です。】

sekaiwotabi.hateblo.jp