世界をふらっと旅しよう

27歳のサラリーマンが、訪れた国や地域を気ままに語ります。

【世界一のギネスが飲みたい!】アイルランド・ダブリンの”ギネス・ストアハウス”へ!

スポンサーリンク

世界一のギネスが飲みたい!

ビール大好きの私、特に愛する銘柄の一つが”ギネス(Guiness)”です。

アイルランド・ダブリン発祥のスタウトです。

ほとばしる大麦のロースト感とクリーミーな泡! うまい以外の言葉が見つかりませんね。

そんなギネスを世界一おいしく飲める場所、それがダブリンの”ギネス・ストアハウス(Guiness Storehouse)”です。

※ギネスは輸送中に味が落ちるため、製造元から近ければ近いほどおいしいのです!

※ギネスを製造している国もありますが、製法はけっこうバラバラ!オリジナルの味はやはりダブリン産!(ちなみに日本では製造されていません。)

早速行ってみましょう!!

スポンサーリンク  

f:id:lulululalala:20190321203813j:plain

やって参りました。高い壁の向こうにそびえ立つタンク群。

あの中に大量のギネスが入っていると思うとわくわくしますね!

タンクごと家に持って帰りたいです。一つくらいならバレないかな……。

 

f:id:lulululalala:20190321203807j:plain

建物の前には馬車がスタンバイ。

酔っぱらっても帰りは安心です。

 

f:id:lulululalala:20190321203713j:plain

ギネスのロゴ。ハープを連想させる上辺の曲線。素敵です。

建物もなんだか面白い形をしていますね。

 

f:id:lulululalala:20190321203100j:plain
f:id:lulululalala:20190321203057j:plain

早速入っていきましょう!

歴史ある感じの外観とは対照的に、中は非常に現代的でポップな造りになっています。

”START”と書かれた所から見学を開始していきましょう。なんと分かりやすい。

 

f:id:lulululalala:20190321203054j:plain
f:id:lulululalala:20190321203048j:plain

ギネスに関するさまざまな展示。全体的にアミューズメント感強めです。

人の入り具合はそこそこ。

 

f:id:lulululalala:20190321203633j:plain
f:id:lulululalala:20190321203626j:plain
f:id:lulululalala:20190321203727j:plain

ギネスの広告宣伝に関するオブジェやモチーフがたくさん。

ちなみにハープはアイルランドの国章です。ギネスはまさに国を代表するビールというわけですね。

 

f:id:lulululalala:20190321203636j:plain
f:id:lulululalala:20190321203630j:plain

「これまでに発売されたさまざまなギネスたち」と「広告」。

広告は面白いデザインのものが多いです。

ワニの口の中にギネスを配置するという斬新なトラップ。

 

f:id:lulululalala:20190321203720j:plain
f:id:lulululalala:20190321203724j:plain

ギネス・アカデミーでは、ギネスのおいしい注ぎ方を学ぶことができます。

参加者一人ひとりが実際にサーバーから1パイント分のギネスを注ぐ体験ができます。

体験後は、記念写真と修了証明書が貰えます。

ちなみに、この1パイント分は、入場料(後述)に含まれています。

いやー、最高ですね!

私もアイリッシュ・パブのマスターになりきって注がせてもらいました。

 

f:id:lulululalala:20190321203717j:plain

レストランで食事としましょう。

じゃがいも料理(ビーフなんとかっていう名前でした)と1パイントのギネス。

最高以外の言葉が見つかりませんね!

ビーフなんとか:11.95€、ギネス1パイント:5.00€

 

f:id:lulululalala:20190321203818j:plain

いやー、満足です!

ギネスうますぎますね。ギネス・ストアハウス、とても良いところでした。

さて、ほろ酔い気分でダブリン市内を回っていきましょう!

 

さて、いかがでしたでしょうか。

ギネスは日本のスーパーやコンビニ等でも普通に売っていますし、居酒屋やバーでもけっこう見ますね。

とてもおいしいのでぜひ飲んでみてください!

おすすめはアイリッシュ・パブ

おしゃれな雰囲気の中で、アイルランドのお酒と料理が楽しめます。生演奏が聴けるお店も!

しかしギネスは普通のビールよりもいささか割高なのがネック……。

 

(蛇足?補足?) 

ところで、ギネスは黒ビールなんて呼ばれ方をすることがありますね。

しかし、”黒ビール”という呼称は、正確ではありません

上面発酵(スタウト)と下面発酵(シュヴァルツ)を一緒くたにしているからです。

製造方法が異なるので、見た目は黒色でも、これらはまったくの別物。

”黒ビール”という呼称では、どちらか分かりません。

ギネスについて語るときは、”スタウト”と呼称しましょう!!(謎の布教活動)

 

ギネス・ストアハウス(Guiness Storehouse)】 

アクセス:路面電車(ルアス:Luas)James's Luas Stop から徒歩およそ5分

 ※市内中心部から歩いて行くこともできます。

営業時間:9:30am ~ 7pm(最終入場5pm) ※7月、8月は、9am8pm(最終入場6pm)

定休日:なし ※12/23、12/24、12/25は休み

入場料:公式サイトからオンライン予約可能 ⇒ 最安値18.50€~ ※曜日・時間帯によって変動します。

 ※当日現地でも購入可能ですが、オンライン予約が安くおすすめです(最大26%オフ)!

 ※記事の中でも触れましたが、入場料には1パイント分のギネスの料金が含まれています!ギネス・アカデミーに寄らずとも、レストランで使用することもできます!

公式サイト:Guinness Storehouse ※日本語はありません。

 

【Web限定オリジナルグラス付きセット】ドラフトギネス [ スタウト アイルランド 330ml×4本 ]

スポンサーリンク  

【こちらも併せてどうぞ! ダブリンをふらっと散歩します!】

sekaiwotabi.hateblo.jp