世界をふらっと旅しよう

しがないサラリーマンが、訪れた国や地域を気ままに語ります。

【九州・大分の近代化産業遺産】豊後森機関庫(ぶんごもりきかんこ)を見に行こう!

スポンサーリンク

大分に、豊後森機関庫(ぶんごもりきかんこ)という産業遺産があります。

鉄道省国鉄時代に使用されていた鉄道遺産です。

早速行ってみましょう。

 

f:id:lulululalala:20181125153021j:plain

こちらが豊後森機関庫(ぶんごもりきかんこ)です。

1934年に完成し、1971年に廃止されるまで、およそ40年弱の間、稼働していました。

 

f:id:lulululalala:20181125153026j:plain

2009年に「豊後森機関区の関連遺産」として近代化産業遺産に認定され、2012年には国の登録有形文化財に登録されました。

ちなみに、機関区とは「動力車の運転,運用,整備,保守にあたる鉄道の現場機関」です(ブリタニカ国際大百科事典より引用)。

 

f:id:lulululalala:20181125153023j:plain

建物の前には、9600形蒸気機関車”29612号機”が展示されています。1919年に製造されました。

元々は福岡県にあったものを、2015年に譲り受けたそうです。

 

f:id:lulululalala:20181125152632j:plain

そしてこのターンテーブル

かつては蒸気機関車を回転させるために使われていました。

蒸気機関車は前後の区別があったため。)

 

f:id:lulululalala:20181125152438j:plain
f:id:lulululalala:20181125152155j:plain
f:id:lulululalala:20181125152431j:plain

錆び具合がとても良い感じですね。

というか、野ざらしになっているわりには、なかなかきれいな保存状態では?

 

f:id:lulululalala:20181125152931j:plain

扇形の建物です。とても素敵ですね。

現存する扇形の機関庫(扇形庫)は、日本には12か所程度しかないそうです。

 

f:id:lulululalala:20181125152200j:plain
f:id:lulululalala:20181125152934j:plain

f:id:lulululalala:20181125152646j:plain

割れてる窓ガラスも雰囲気を醸し出しています。

 

f:id:lulululalala:20181125152942j:plain

機関庫とターンテーブルのツーショットです。

柵があり中には踏み込めないので、外から眺めるのみです。

 

f:id:lulululalala:20181125152204j:plain

歴史を感じる朽ち具合です。

廃墟好きにはたまらんですなぁ(ぼくのことです)。

 

f:id:lulululalala:20181125152936j:plain

ちなみに周囲は公園として整備されています。

敷地内には、豊後森機関庫ミュージアムもあり、鉄道の歴史を学ぶことができます。

 

f:id:lulululalala:20181125152427j:plain

扇形の機関庫が、青空に映えます。

 

f:id:lulululalala:20181125153018j:plain

いやぁ、楽しませてもらいました。

またふらっと立ち寄りたいですね。

いつまでも静かに保存されることを願います。

 

goo.gl 

【アクセス】

JR九州豊後森駅からすぐです。(豊後森駅までは博多駅から在来線でおよそ2時間30分です。)

なお、無料の駐車場もありますので、車での訪問も問題なしです!